キリスト教式 挙式 流れ

キリスト教式の挙式の流れ

バージンロード

チャペルウェディングを検討されている方の中にはどういった流れで挙式が進行するのかわからない、という方も少なくはないはず。
今回はチャペルウェディングの流れをご紹介します。

 

列席者入場、祭壇に向かって右側が新郎側、左側が新婦側となります。
前からご両親、ご兄弟、ご親せき、ご友人の順に着席します。

 

次に牧師が結婚式の開式を宣言、列席者は起立、新郎が入場して聖壇前で新婦を待ちます。
新婦は父親と入場し新郎の横へと進みます。新郎は新婦の父から新婦の手を受け取って二人で祭壇前へ。

 

お二人がそろったところで、全員起立したまま讃美歌の斉唱。
その後牧師が聖書の中から婚姻に関する愛の教えを朗読し、牧師の問いかけに新郎、新婦と答えていき結婚の誓約をします。
その後は指輪交換、牧師が二人が夫婦であることを宣言し結婚証明書に署名、結婚が成立したことを牧師が列席者へ報告し閉式となります。

 

新郎新婦は腕を組んでバージンロードを退場、教会からでた後にフラワーシャワーやブーケトスといった演出が行われることもあります。

 

キリスト教式の挙式の流れ関連ページ

キリスト教式の挙式について
真っ白なウェディングドレスを着てバージンロードを歩く教会式の挙式、憧れていたという方も少なくはないはず。今回はキリスト教式の挙式についてご紹介させていただきます。