神前式 挙式 流れ

神前式挙式の流れ

神前式では独特の所作がたくさんあり、それぞれ決まった作法があるので戸惑ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
たくさんの作法がありますが、素直な気持ちで堂々とふるまってくださって大丈夫です。
式の流れなどは斎主や巫女さんがしっかりと説明してくださいますし、式の途中でも指示を出してくださいますので、安心して式に臨みましょう。

 

では神前式の流れをご紹介致します。
まず参進の義、雅楽が演奏され斎主と巫女さんに先導された花嫁行列が本殿・御社殿まで進みます。
斎主、新郎新婦、仲人、親、親族が入場、神前に向かって右側に新郎、左側に新婦が座ります。
その後、一同起立し斎主による祓いの言葉、お清めのお祓いを受け、斎主が神前にお二人の結婚を報告して永遠に幸せが続くように祈ります。
三三九度の盃、新郎新婦が3種類の大きさの坂付きで交互にお神酒をいただき永遠の契りを結びます。

 

巫女が神楽に合わせ舞を奉納、新郎新婦が神前にでて誓いの言葉を読み上げ神前に玉串を捧げます。二拝二拍手一礼し、仲人夫婦や両家代表もそれに続き、指輪の交換、両家の親族が順にお神酒をいただき終了
といった流れで式は進んでいきます。
修祓、祝詞奏上、誓盃の儀など難しいような言葉を聞けば、その作法もすごく難しそうに感じてしまいますが、実際はそれほど難しいものではないのであまり不安にならず、堂々とした態度で式に臨んでくださいね。

 

>>ブライダルフェア大阪【理想の結婚式場を見つけよう!】に戻る

神前式挙式の流れ関連ページ

神前式の挙式について
和装での挙式、古くさいイメージがあったり、いろいろな作法があって覚えられない、面倒だな…という印象がありますが、最近では可愛い衣装も増えてきており神前式での挙式の人気がでてきているそうですよ。